なにわ男子は生歌が下手?歌が上手い順ランキングや声の高さについても

昨年ジャニーズ事務所からデビューした7人組の関西出身のグループなにわ男子。

そんななにわ男子ですが、一部で歌が下手と囁かれているのです。

本当に歌が下手なのかという真相に迫っていきたいと思います!

また、グループの中で誰が歌が上手なのかランキングに沿ってみていきましょう。

なにわ男子は生歌が下手?

なにわ男子は、歌が下手と一部の人たちの間で囁かれています。

その理由は、歌番組での”口パク”からと考えられます。

口パクをすることで歌の実力が備わっていないことから、生歌を歌わせてもらえていないのだという認識をする人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

なにわ男子は、メディアの機会では割と口パクで歌を披露している機会が多くあるのは事実です。

そのため、生歌が下手かと言われています。

実際はどうなのか見ていきましょう。

なにわ男子はなぜ口パク?生歌が下手だから?

なにわ男子は、歌番組に出た際にも口パクということを視聴者から見破られていることが多くあります。

デビュー曲の披露の際などは、口パクでパフォーマンスをしていることが多くありました。

ですが、口パクをすることで歌が下手だからということではありません。

デビュー曲では特に、ダンスが結構キャッチ―でわかりやすい振付になっています。

見ている人にもしっかり理解してもらうためにも、ダンスに集中させたかったのでしょう。

ダンスに集中しすぎて歌が出来ていなかったら意味がありません。

特に生歌は一発撮りということも多くあるため、失敗は許されないことから最初から口パクという選択肢もあるのでしょう。

なにわ男子の口パク疑惑はデビュー曲初心loveの時?

なにわ男子が、口パクだと分かったのはデビュー曲を披露したMステでした。

「口の動きと歌詞があっていない」「自分のパートの際にマイクを持っていない」などと言った口パク疑惑が出てきました。

そこから、他の歌番組でも「これは口パクなのでは?」という風に見られてしまうことが多くなったのです。

なんだかかわいそうな気もしますよね・・・。

いかに口パクではなくパフォーマンスをするということも今後に関わる大切なスキルの一つと言えるのではないでしょうか。

元々ジャニーズは口パクが多い?

ジャニーズは歌って踊れるアイドルです。

もちろん歌もダンスも両方が出来て完璧と言えるのは最もですが、魅せたいパフォーマンスによってどちらかを集中させたい際は口パクもやむを得ない場合もあります。

特に、ダンスナンバーの曲の際はほとんどのグループが口パクです。

踊って呼吸が乱れながら聞き苦しい曲を聴いても、購買促進に繋がらない可能性が高くなるからです。

そのようなリスクを考えると、パフォーマンスを重視する際は口パクを使く機会も多いのでしょう。

これは、歌もダンスも両方を兼ね備えているジャニーズだからこそともいえますよね。

ジャニーズでも口パクじゃないグループはいる?

もちろん、口パクではないジャニーズもいます。

コンサート会場では、ほとんどのグループが生歌でパフォーマンスしていますよね。

息遣いを聴きながら踊っている姿も見られるのはコンサートならではでしょう。

そのほかに、歌番組などでの口パクをあまりしないグループで代表で挙げれれるのはKinKi Kidsです

KinKi Kidsは近年特に歌に力を入れていることをご存知の方も多いでしょう。

もちろん昔はダンスも踊っていましたが、最近は歌一本でパフォーマンスをしています。

そのため、ダンスも踊らないことから口パクをする必要がないのです。

KinKi Kidsの歌番組ではほとんど生歌で披露しているので注目してみてください。

なにわ男子はみんな歌が上手い!

口パクということで歌が下手ということではありません!

なにわ男子は、メンバーのほとんどが歌が上手なのです。

後程記載しますが、一番上手なのは大橋和也さんです。

大橋さんを筆頭に華宵のレベルを上げていることがわかります。

なにわ男子の生歌が上手い証拠動画

なにわ男子のドキュメンタリー動画を追っている際に、ライブのリハーサルで生歌唱している姿をとらえていた際に「なにわ男子の生歌上手では!?」と囁かれていました。

前述したように、ライブでは生歌がほとんどなのでリハーサルも生歌だったのでしょう。

また、レコーディング風景の動画もYouTubeにアップされています。

レコーディングということなので口パクはあり得ません。

非常に上手ですよね。

口パクで歌っているのがもったいなく感じます。

踊る!さんま御殿で生歌を披露

2021年11月16日に大橋和也さんと高橋恭平さんが、「踊る!さんま御殿!!」に出演した際に生歌を披露しました。

優里さんのドライフラワーをアカペラで歌唱したのです!

さんまさんだけではなく、他にもゲストがいた中で歌唱するのは緊張したに違いありません。

ですが、毅然とアカペラで歌い上げたことにより「なにわ男子実は歌がうまいのでは?」と言われるようになったのです。

徐々に歌唱力も向上させているのかもしれないですね。

なにわ男子の歌が上手い順ランキング

では、なにわ男子の歌が上手い人は誰でしょうか。

もう少し詳しく見ていきましょう。

ランキング順で発表していきます!

1位 大橋和也

前述したように、大橋さんがなにわ男子の中で歌唱力はダントツの1位です。

よく曲の中でもフェイクやアレンジをしています。

フェイクやアレンジは歌が上手な人ではないとなかなかできません。

また、大橋さんはとても歌声に「安定感」があります。

コンサートなどでも他のメンバーが音が外すことはあっても、大橋さんだけは歌が外さないということで非常にファンの間からも「大橋君がいることで安心する」と言われるほどです。

大橋さんは、元々歌があまり上手ではなかったのですが小学校2年生からボイトレに通っていることから、歌に厚みや安定感を手に入れたのです。

非常に素晴らしい努力家ですよね!

2位 高橋恭平

2位は、さんま御殿で大橋さんと一緒にドライフラワーを歌唱した高橋恭平さんです。

以前はあまり上手ではありませんでしたが、近年はボイトレの成果もありとても歌唱力が上達しているメンバーです。

そのため、なにわ男子のファンの間でも「本当にうまくなった」と賞賛されるほど。

また、ボイトレの他にも大橋さんと一緒にカラオケに行くなど積極的に歌を上手くなろうという努力が見られますよね。

まだ今は、なにわ男子の中でも歌割のパートがあまり多く見られませんが今後増えていくのではないでしょうか!楽しみですね。

3位 藤原丈一郎

3位はなにわ男子の中でもジャニーズ歴が最長の藤原丈一郎さん。

藤原さんは、長い期間ジャニーズにいたということもあり歌い方”ザ・ジャニーズ!”という歌い方です。

また、歌声も甘い歌声でファンの間からも普段のキレキレなダンスとは一変、甘い歌声にギャップを感じる人も多いとか。

長い期間ジャニーズにいたということもあり唯一無二の歌声を手に入れたと言ってもいいのではないでしょうか。

4位 西畑大吾

4位は、なにわ男子のセンターである西畑大吾さんです。

西畑さんはあまり高音が出る歌声ではありません。

その一方で、低音の安定感はメンバーの中で一番と言ってもいいほど。

また、西畑さんは「プロアイドル」とファンの中でも言われるほどのアイドルの徹底っぷりです。

そのため、歌のピッチを合わせたり歌いながらファンを喜ばせるパフォーマンスなど歌いながらも自分を見られる歌い方が非常に上手と言われます。

近年は、高音も出るようになってきているので今後の成長が楽しみですね。

5位 道枝駿佑

5位は、近年俳優の活動の幅が広がっている道枝駿佑さんです。

道枝さんは、少々その日のコンディションで高音が出なかったり音を外してしまったりと今後まだまだ成長の可能性があります。

ですが、ファンの間では近年「音域が広がった」と賞賛されています。

以前は、高音を歌う際に安定感がほとんどありませんでしたが現在は少しずつ安定中です。

今は忙しい道枝さんですが、落ち着いたらボイトレなどに行ってトレーニングを向上させてほしいですね!

6位 長尾謙杜

6位は、なにわ男子の最年少の長尾さんです。

長尾さんは、とても丸みのあるかわいらしい声です。

また、道枝さんと同い年ですがまだまだフレッシュさがあり若々しい印象の歌声に聞こえます

長尾さんもボイトレに行っているそうですが、時々音程の安定感が不安定な時もあります。

以前はファンからも「歌もダンスも下手」と言われたことがあったそうですが、長尾さんの努力でダンスでは急成長しファンを驚かせました。

そのため、歌もファンをまだまだ驚かせる可能性があるでしょう。

今後の成長に伴って歌声にも変化が見られるかもしれないですね。

7位 大西流星

7位は、なにわ男子の中でもかわいらしい顔立ちをしている大西流星さんです。

大西さんの歌声は見た目と同様、歌声も大変かわいらしいです。

また、非常にリズム感がある人なのでラップやポップな曲調では先頭に立って歌えると思います。

ですが、歌声がかわいらしいことから他のメンバーと馴染めない曲もあり浮いてしまうのも現状です

そのため、あまり上手ではないという声が出ることもあるのでしょう。

大西さんもジュニア時代から比較すると近年とても歌唱力が向上しています。

今後の向上にも注目です!

なにわ男子のメインボーカルは誰?

なにわ男子のメインボーカルは、歌が一番うまいと言われる大橋和也さんです。

先ほども記載したように、フェイクのパートを歌ったり落ちサビを歌ったりと目立つところで大橋さんは歌っています。

ですが、他のメンバーも近年歌唱レベルが上昇しているので歌割で様々な「味」を出しています。

今後は、誰がメインボーカルかということは抜きで全員がメインボーカルになれるグループを目指していくのではないでしょうか。

今後のなにわ男子の成長に注目ですね!

なにわ男子は声が高い?

なにわ男子は比較的に他のデビューグループと比較すると声が高いです。

メンバー一人一人の声を聞くと高くは感じませんが、全員のユニゾンになると非常に声が高く聞こえます。

デビューしたてのフレッシュさが感じられ、聴いている側も元気になる方も多いのではないでしょうか。

これからどんどんメンバーも歌が上手になると思うのでまた歌声の変化があるかというところにも注目してみるのも面白いでしょう。

歌が上手い大橋和也の声がガサガサに?!

歌が一番うまい大橋さんですが、コンサートの際などに歌声がガサガサになるときがあります。

大橋さんは元々地声がハスキーボイスということもあり、声がより他のメンバーよりもガサガサになる場合があるそうです。

また、大橋さんはメンバーの中でも人一倍元気です。

コンサートはもちろんリハーサルの時点から100%全力で元気に行っているのです。

そのため、声をからしてしまった可能性もあります。

それに前述したように、メインで歌う場面も多いため数十曲連続で歌うとなると喉が乾燥しいやすいのかもしれないですよね。

まとめ

なにわ男子の歌がうまい順番などについて迫っていきました。

基本なにわ男子は歌が上手ですが、まだまだこれから歌がうまくなっていきそうですよね。

その歌がうまいグループの中でも大橋さんが非常に上手だということもわかりました!

歌声でグループを引っ張っていくというさすがなにわ男子のリーダーですよね。

これから歌がうまくなったり、歌を見せる楽曲の場合口パクの機会も減っていくのではないでしょうか。

引き続きなにわ男子の活躍に注目です。